87歳で現役整体師   

多分最高齢の整体師です

野口整体をしている87歳で現役整体師。読ませていただきました。

 

物語のように今までの人生を綴ってあります。

 

輸気の効果についてはご自分の経験から色々と書いてありますが、野口晴哉氏の本と同様で整体の技術的なことは一切書いてありません。


その年齢でも整体指導がおこなえるというのは稀ではありますが、整体施術というものが本来いかに筋力が必要ないかということにもなります。

 

整体でも骨盤矯正でもお1人するだけでTシャツは汗でビシャビシャなので今私がしている施術とは正反対・・・ あこがれます。

 

私も今、新たに気になっている整体法があります。

 

それは野口整体のように昔からあるもので、接骨院や鍼灸院でも施術をとりいれている所があるほどです。石川県内でも数件ありますね。

 

個人の整体院でもしている所はあります。

 

なのでいまさらか、という事でもありますが筋力をあまり必要としない整体法を勉強することにより末永く整体という仕事をしていく事も可能です。

 

それはこの本の中に書いてあるような言葉にもつながってくるような気がしています。

 

※このブログ後、本格的に二宮整体を学び始めましたが、筋力は必要ないと思っていましたが、全然そんな事はありませんでした。

畳の上で相手に対して腰を落として型をつくりますが、その時の下半身のつらさが半端ではないです。筋肉痛です。これはかなり鍛錬して慣れないと無理だなと思っております。