風邪を悪化させない方法

風邪がひどくならない方法。

 

これは初期の初期から対策することで重症化を防げます。

 

なるべく風呂に入るのは当然ですが、仕事中ならそんな訳にはいきません。

 

急にあれ?鼻がでるな、頭が痛いな、なんか寒いな。

 

なんとなくでもいいのでこのような感じになったら、すぐに葛根湯を飲みます。

 

常に財布かカバンの中に持ち歩いてください。

そしてこれは満量処方の薬を飲んで下さい。コストコやセイムスで安価で良いものが売ってますのでぜひご購入を。

 

状態によって1~3日飲めば大体はひどくならずに済みます。

 

普通は本格的に風邪を引いてから薬を飲みますがそれでは遅いです。

 

なんとなく風邪かもと思ったらすかさず飲むのが秘訣です。

 

だって風邪かもわからないのに飲んでも良いのか?なんて思っていること自体手遅れですが、葛根湯の効能として肩こりというものもありますので風邪は関係なく飲んでもいい薬なのです。

 

だから肩こりの人たちからすれば葛根湯は普段から当たり前に飲んでいる薬ともいえます。

 

そして明らかに喉に違和感があったら葛根湯ではなくてペラックT錠をすかさず飲みます。

 

葛根湯は喉にはあまり効きませんのでペラックT錠は喉を傷めやすい人はいつもこれを愛用しています。

 

ペラックT錠のいいところは頭痛薬や咳止めを同時に服用できるので幅広く対応できるところです。

(一応薬局の人に聞いてください)

 

喉の腫れにはすごく効きますのでおススメです。

 

先にも書きましたがなるべく毎日風呂に入って、普段は寒さを感じないように着込むことです。

 

脚が何となく寒いと感じていれば完全にもう一枚は足りませんのでタイツか防寒着を着て下さい。

 

私なんかは家の中では寝る寸前までワークマンの防寒着を上下で着ています。

 

これぐらいするようになってからは風邪をひいても初期段階で治まりますので風邪が悪化することもなく本当に楽になりました。

 

整体師は薬を飲むなという人が多いですが、それは時と場合です。

 

接客をともなう密接な仕事をしている場合は体の中でウイルスを増殖させるわけにはいきませんので強制的にでも対処する必要があります。