関連痛など

ウィキペディアによりますと、

「関連痛とは、ある部位の痛みを異なる部位の痛みとが勘違いをすることによって発生する。

人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、脳は同じ神経束を源とする場合や、隣接する神経束の信号伝達を痛みが発生している場所と勘違いをする場合がある。」となっています。

 

例えば、かき氷を食べ、咽頭神経が刺激される事により発生した信号を、後頭部またはこめかみの痛みと誤認知すること。これはアイスクリーム頭痛と呼ばれ、俗称ではなく正式な医学用語である。

 

また心筋梗塞など、心臓部の痛みを上腕部の痛みと誤認知することなどが有名です。

 

私の親戚の奥さんでは急にお腹が痛くなってうずくまって苦しんでいたのを旦那さんがみていやいやこれはおかしいぞと救急車を呼んだら心筋梗塞だったということがありました。これは処置が早かったのでその後は全く異常も無く普通に生活をしています。

 

原発性疼痛に対し、異所性疼痛と呼ぶこともある。連関痛と呼ぶこともある。また歯茎や顎の痛みが目や胸、脳に関連してることも分かっている。

 

筋肉にしてもある場所での痛みが別の離れた場所の痛みとして脳が勘違いすることも認められています。

そのことにより症状の原因というものはなかなか簡単にはみつからないこともあります。

 

現にそのような痛みを抱えている方もおいでで、こちらでも関係書籍などお調べすることがありますが、すぐに答えが見つかるものでもありません。

 

調べていくと、内臓に問題がありそうな方もいますし、たんなる運動不足のような方もいます。

 

しかしながら、体が何かのサインとして教えてくれているものですから、年に一度の健康診断は必ずうけるようにしてください。 私は受けていませんが 笑

 

要検査となっているのに、放っておいたら取り返しがつかなくなっていた・・・という事もありますので多方面みていけばそんな心配もなくなるでしょう。