整体は腰痛に効くとかガンに効くなんて事はいえない

新聞を読んでいますと、肩こりや腰痛などに効くということで、「テラ○ージ」という未承認の医療機器を販売したとして金沢市の接骨院を経営する人が逮捕されました。

 

「テラージ」という品物を調べましたが、それはどうでもいいとしてこれを販売した接骨院の経営者は決して悪い事をしたと言う意識はないと思います。

 

不正請求などが後を立たない接骨院ですが、本来医療に携わる人間は病気や怪我の人を助けたいというのが根底にあるはずです。それがない場合はただ仕事として医療分野についているだけなので「人助けがしたいんだ」という意気込みは感じてきませんが、本来は悪い事をする人は非常に少ない業界だと思います。

 

今回何が悪かったのかというと、ただ単に売り方を間違えていたという事だと思います。

国から許可された薬じゃないと何かに効くという事はいえず、効果的とか改善するという言葉さえも実際は使えません。

 

自分自身で試して効果がある事を実感したとしても、薬のようにそれは誰にでも同様の効果があるわけではないので「効きます!!」なんてことはいえないのです。

本当に自分のガンが何かで治ったとしてもその何かを治りますといって売るわけにはいかないのが日本の法律です。

 

整体でも「腰痛が必ずよくなります」とか「肩こりが治ります」とホームページに書けば逮捕されてもいいくらいのことです。インターネット広告なら規制がかかっているので使えないこともわかります。

 

アトピーも治るしガンもみんな完治しています!こんなことも当然書けませんがそれを匂わす様な書き方はよくある事です。

 

治ると言っていいのは医者と許可された薬だけなのです。

薬で治るといっても根本からなおしているのではなく痛みなどを一時的に抑えている間に自分の治癒力で治っているというのが本当なのですが・・・。

 

私がよくいうのは、整体や骨盤矯正をしたからといってそれで直接痛みが取れるわけではなく身体が整ってきた過程でよくなっていくのが理想なので、それも個人差があるので結果的にはどうなるかわかりませんという事です。

 

しかし痛みなどは整体を続けていけばよくなるケースが大半なので全く宣伝もできないということは非常に勿体ないですし人生をロスしているといっても過言でないような気もします。

 

こう書くとどうなのか?ですが、個人差により具合の良し悪しの経過は全く変わってくるとしかいえないという事です。

 

「〇〇に効く」というのは、仕事上書けないし言う事もできませんのでご理解頂きたいと思います。

 

それでもこの業界の教材にあたるものがありますが、それは平気でガンとかアトピーとか治る手技です、脳梗塞で歩けない人も杖をつかずにあるけるようになりました、とか言って販売しています。その99パーセントは詐欺みたいなものなのでこれこそ取り締まってほしいと常々思っています。