接骨院・整形外科/金沢市の腰痛事情

2014年 少し書き直しました。  

以下の文はわたしの体験に限っての事です。

 

今回は腰痛。 

慢性腰痛の約85%は原因不明だという事です。

 

病院での検査では腰痛の原因が発見されずに主に痛み止めの薬、電気治療、シップでの通院となり、多くの方が何十年も悩んでいる症状です。

 

ほしみぐさにご来院の方々の多くも、ずっと整形外科・接骨院に通っているのに慢性腰痛が全くよくならないということでご来院されています。そんな方ばかりです。

 

わたくし事で申し訳ないですが、2014年現在で慢性腰痛になって約10年たちますが、 病院でMRI・レントゲン・などでの異常は発見されずに、 五年間ほどは整形外科・漢方内科・鍼灸・接骨院などに通い詰めて、なんとかつらい腰痛を治そうと思ってましたが全く腰痛が楽にならず、毎日毎日なんでこんなに痛いんだ、どうすれば腰痛の苦しさから逃れられるのかと考えてました。

 

治療はどこへいっても、痛み止めの薬・シップ・電気治療・たまに腰の牽引・注射です。

 

夜は寝返りもうてず、痛みで目が覚めるので脳神経外科では痛み止めと睡眠薬を処方されていた時期もありました。

 

こんなに痛いのならいっそ車椅子になってもいいから腰の痛みをなくしてくれ、とまで思ってました。

 

人から教えてもらった神経ブロック注射は一時的に少しだけ効きました。合計腰だけで30回以上していますがまた痛みがぶり返すので根本解決には至りませんでした。

 

それほど痛みがひどくても、整形外科的には異常はないんです。治療しても全く同じ治療しかしません。

 

ですが、今は、腰痛の事を忘れる日のほうが多いです。たいした事ありません。

 

整体に出会ってからはよくある疲労性の腰痛程度になっていますので痛くて目が覚めるなんてことはありません。

 

 

何年も医者通いしているかた、色々試しているかたはよく分かっていると思いますが、慢性になってしまったら100%治すのは医者であれなんであれ難しい事です。

 

医者・接骨院(柔整師)・マッサージ師・鍼灸師などは国家資格者を掲げているのに私の腰痛ひとつ楽にできなかったのが真実です。

 

そんな国家資格者が私の腰痛を楽にできなかったので、これは自分で治すしかないんだなと考えて整体の道を歩むことになりました。全然関係のない方向に話がいってますが・・。

 

慢性腰痛が完治したという話もほとんど聞いたことはありません。それは非常にマレです。

少しでも楽になりうまく付き合っていくことを考えたほうが楽への近道です。 

 

精神的なものが腰痛に関係していることは最近になってやっと世間にひろがりつつあり、仮に、明日から仕事もしなくていい、家の事もいい、うるさい人も明日からいないよ。となれば しばらくすれば腰痛などの不調は消えていくかもしれませんが、そうはいかないので 当院の整体で腰痛の要所を抑えてリラックスする事をおすすめします。

 

ただ、病気も関係していることもありますので、必ず、病院での検査は最初に受けてください。

 

 

ではなぜ医療ではなくて整体が慢性腰痛にいいのか?  

私事なのでみなさんに当てはまるわけではありません

 

私は体に触れるということがいいのではないかと思っています。

 

マッサージも人の手によってある程度の時間、体に触れますが、マッサージは私の場合は何度受けてもよくなりませんでした。

 

中国では気功が当たり前ですが、整体でも基本的に「気」が前提としてあります。

 

施術する側は当然のごとく、受ける側にも多少の感受性が必要になってきますが、前提として施術側が気を出していないと相手に感応することはありません。

 

これを輸気といいます。

 

施術が効かないのはこのことが原因となっていたと思います。輸気をしながら整体をすると相手側の感受性が高くなればなるほど、整体の効き具合に変化があります。

 

整体を接骨院と同じと思ったり、マッサージのように思ったりしている人には申し訳ありませんが、ほとんど施術の効き目は現れてきません。

 

これはいままでの経験でよく感じとれます。そんな場合は来ても効果ないので、整体するより運動してくださいとか、病院のリハビリにいって腰痛改善の指導を受けたほうがいいですよ、などとご説明させていただいています。

 

そのほうがよっぽど腰痛には効果があります。

 

余談ですが、私は毎月関西でおこなっている二宮整体の勉強会にいっていますが、そこでは接骨院・マッサージ・鍼灸院を開業している方がたくさんきています。

 

国家資格を持ちながら整体の勉強をしています。

 

そこまでして勉強するのですから、逆に患者さんに対して本当によくなってほしいという想いがあり熱心としかいえませんが、私はそれでは、なんのための国家資格者なんだろ?と考えてしまいます。

 

私も昔は夜間で専門学校に通って柔整師になろうかと思った時期もありましたが、毎日平均12時間以上働いている状態でひどい腰痛と疲労もあるのに自分が良くならなかった柔整師免許を取ったところで何の意味があるのか?無理をしたところで自分の腰痛がよくならなかったように、それは全く意味のない事だと気づいたわけです。

 

 

そんな資格があればなにをしてもいいのが今の日本の現状ですが、いずれ医療保険制度も崩壊しますからそうなればほぼ全額自己負担になります。そうなったときに本物の技術だけが残ると思います。

 

その中のひとつに私の整体が残っていけばいいと思っています。

 

そしてそれを伝えていければとも思っています。